読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ある日森の中

ただただ適当に

ソシャゲにズブズブな話

ぽっかりと更新が途絶えてしまった。実は異動があったのだが未だに仕事らしい仕事ができず会社でボーッと座っている状態が続いている。文章にすると魅力的なのだが哀しきかな人という社会的生物は周りが忙しくしているのに自分が暇だとだんだんいたたまれなくなってくる。現状その状態である。つらみ。

さて、

kuma-rapidexp.hatenablog.com

あんさんぶるスターズというゲームに手を出した話をした。

stars.happyelements.co.jp

先月の末にダウンロードしたので始めてから1ヶ月くらい経った。端的に状況を申し上げれば非常に悪化している。昨日終わったとあるイベントが"推しユニット"が主体であったものだったことが災いし、即googlePlayアカウントにカード情報登録、クレカで課金して石を買うという魔道を突き進んでしまった*1。というか現在進行形でしている。本当に私はこういうソシャゲに対しては自分から遠ざけていたところがあって今回の沼のはまりこみについては

 こういう評を頂いたりもした。正直自分でも驚いている。全くソシャゲに手を出したことが無かったわけではないがどれもはまり込みがイマイチだったのになぜ「あんスタ」にはハマってしまったのか。

私がこれまでやっていたソシャゲは「白猫プロジェクト」と「剣と魔法のログレス」というRPG系では絶大なシェアを誇るものだ。いろいろ特性があるのだけれど、前者はキャラが強ければどうにでもなってしまう「キャラゲー」要素が強く、後者は武器がなければどうにもならない「武器(装備)ゲー」要素が強い。白猫の魅力は有名声優陣を起用したボイスと簡単な操作性、ログレスの魅力はクランと呼ばれるグループを作って友人たちと戦える「共有性」にあったと思っている。

元来RPGとは縁のなかった私であったが、「白猫」を始めた時は操作性のしやすさとテンポよくシナリオに興味を引かれ、また素敵なボイスに心躍らせたし、「ログレス」を始めた時は会社の同僚と一緒に戦うことに盛り上がっていた。しかしある程度勧めたところで限界が来た。「白猫」は課金せずともガチャの原資たる石が比較的よく貯まり、俺TUEEEキャラがうっかり手に入ったところでなぜかデータが飛び、完全に意気消沈してしまった。ログレスも同僚がTUEEEE武器を手に入れる中、私はちっともガチャの引きに恵まれず、というか無課金だと石が全然貯まらずガチャも引けないという悪循環の中で相対的に弱さが目立ち始めてだんだん面白くなくなった。

そんな状態で出会ったのがあんスタだったのである。美麗なイラスト、素敵な声優陣、アプリを立ち上げれば自分を「プロデューサー」と呼んでくれ全幅の信頼を寄せてくれるイケメン達。天国。そして何よりそこそこの石の貯まりやすさと課金による投資がそれなりの結果として返ってくるシステムは私を完全に魅了してしまった*2。というわけで次から次に現実マネーを溶かし、webマネーへ両替を続けてしまうわけである。

そういう意味で本当にアイドル育成ものは抜け目なく出来ていると思うし、一度落ちたら本当に抜け出せない冥府魔道であるとその渦中にありながら痛感している。しかし理屈どうこうではない。ただただそこに私を信頼していくれる"人"がいる、それだけでなんとなく救われる気がするではないか。たまらん。

*1:今回のイベント計では諭吉が4枚飛びました。6枚飛ばした人の話を聞いたのでまだまだ

*2:あんスタにおけるイベントはガチャとライブに参加することでポイントを貯めてボーナスを得るというスタイルの2種があり、ここで私が言っているのは後者である。ガチャ運は相変わらずない。しかしガチャを引いてもライブイベントの戦力として使えるからまったく無駄というわけでもない